サイト名

葉巻への誘いは、ココから

トップ > サンプルページ

コスタ

Costa

欧州圏でブレイクしているTABACOSTA社のブランド、COSTA!ニカラグア産のロブストを試そう!
近年、嫌煙、禁煙が叫ばれる中、世界中で化学添加物のない葉巻を吸う習慣が増加したことは、否定できない。
シガレットに対する法律はタバコ喫煙者に新たな「葉巻」という選択肢を提供したようなものである。

スペインで大人気のコスタ。
太目のロブストは、今の欧州圏のトレンド。ミディアムボディのニカラグア産は、その豊満なボディからふくよかな香りと癒しのひとときを与えてくれる時間を紡ぎ出す。

欧州圏でブレイクしているCOSTA

コスタとカルメン
「カルメン」(Carmen)は、フランスの作家プロスペル・メリメが1845年に「両世界評論」に発表した、全4章からなる中編小説に登場する女性の名前である。
原作ではセビリアのタバコ工場が舞台にもなり、そこから派生した作品では恋愛と嫉妬を中心に、また闘牛士やフラメンコなどスペインを代表する「陽」の部分を前面に出すことで物語の印象を一新している。
心に影をもち、激しく恋に燃え心変わりしやすく、男にとっては危険な女というカルメンのイメージは、のちのジョルジュ・ビゼーのオペラ「カルメン」(1874年初演)でさらに強調して描かれる。
ドン・ホセはカルメンに誘惑され、婚約者を捨てて軍隊を脱走するが、カルメンは闘牛士に心を移し、嫉妬に狂ったドン・ホセは匕首を持って追いかけ、カルメンを刺し殺す。
そんな展開のオペラは大衆に大受けし、オペラのストーリーをもとにさらにバレエや映画も数多く作られた。 カルメンという名はスペインではごくありふれた女性名であるが、現在、我々にカルメンという名前のイメージとして印象づけられているのは、ここに登場するカルメン像であろう。こうして世界中に知られるようになったことにより、「カルメン」的性格がスペイン女性の特徴のように言われたりもする。
そんなスペインで人気を博しているコスタは、セビリアのタバコ工場が舞台と言うこともあって情熱的なアロマを楽しむことができる秀逸な1本である。

今月のお薦め

時間を楽しむ際に合わせて

ページのトップへ戻る