サイト名

葉巻への誘いは、ココから

トップ >

ドライ シガーついて

about Dry Cigar

葉巻には大きく分けて「ドライシガー」といわれるものと「プレミアムシガー」と呼ばれるものがある。
ドライシガーは、通常機械で巻かれ常温、常湿での保管が可能な葉巻である。
特にドライシガーは取り扱いのしやすさがメリットで湿度管理にこだわらなくてもよいシガーである。
基本的に機械巻きでフィラーにはタバコ葉を細かく刻んだものが使用され、管理も比較的簡単で手軽に葉巻本来のスムーズな味わいや香りを楽しむことができる。
特に葉巻を始めてみたいという初心者におすすめ。

スペイン語で小さな葉巻を意味するシガリロは、ミニシガリロはシガレット(紙巻きたばこ)と同じくらいのサイズのいつでもどこでも楽しめるサイズである。
シガリロ、ミニシガリロは、種類も豊富で、短時間で楽しめることから初心者のみならずベテランにもファンが多い。

コーヒーからシングルモルトまで

左からパンター、バスコ・ダ・ガマ、ビリガープレミアム No.6プレミアム ビリガーNo.8、ビリガーエクスポート、ビリガープレミアムNo.1

プレミアムシガーを嗜好品(しこうひん)と捉えるのもいいですが、ヨーロッパではそんなに堅苦しくなく葉巻を楽しみます。
朝起きたらお目覚めのフレッシュジュースと合わせたり
ゆっくりと休日にブランチをした後に
場末のフレンチでちょっと美味しいモノを食べた後などに心身の高揚感に合わせて好みのプレミアムシガーを選ぶのもよいでしょう。
TPOにあわせて手軽に楽しめるフィリピンのプレミアムシガー、ヨーロッパの歴史あるメーカーの卓越したブレンド技術を施したプレミアムシガー、南米大陸に今も息づく先住民のルーツを感じられるプレミアムシガー、カリブ海エリアの新興の若い世代が造り出したプレミアムシガーと様々な種類があります。
こちらでは、もっと気軽にいつでもどこでも喫煙環境さえあれば楽しめるプレミアムシガーもドライシガーと合わせて紹介しています。

お好みのコーヒーやお茶、アルコールに合わせて楽しむのがコツです。
欧米ではゴルフをしながら楽しむ輩も多く見かけます。
お酒を飲まない人なら選りすぐりの珈琲豆を買ってきて自宅でネルドリップなどで楽しんだり、食事の後にお気に入りのブレンデッド・ウヰスキーと合わせて読書もいいでしょう。
もちろん昨今ブームのシングルモルトで味や香りを楽しむのもよいでしょう。
また、近年では、釣りを楽しみながら、カードゲームを楽しみながらとプレミアムシガーそのものが社交性を発揮している様子をみかけます。

今月のお薦め

時間を楽しむ際に合わせて

ページのトップへ戻る